スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェで立ち食いってナニソレ!!

リアルタイムはおフランス♪
モロッコから一気にボルドーへ飛びます!

■ブログランキング参加中■
応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

~~~~~~~~~~~~~~~

201304【ポルトガル】ポルト★



ポルトガルといえば「カステラ」!「こんぺいとう」!ですよねー!



だがしかし!!


実際にはポルトガルにはカステラやコンペイトウは全くありましぇーん!
よーーーく探せばあるんだろうけど全然メジャースイーツじゃないらしい。



その代わりといってはなんですが、
ポルトガルには甘いお菓子がいーーーっぱいあります♪







しーーあーーわーーせーー♪♪♪





こんな感じの甘いお菓子はテイクアウトはもちろん、
店内で食べることもできます♪
(エスプレッソ+お菓子でだいたい1.5ユーロ)




ま、ただのカフェっちゃカフェなんですけど、
佇まいはどちらかという「BAR」っぽい。
夜用にお酒もびっしり並べてるしね。




それにコーヒーを飲んでゆっくり、、、って感じでなく、
カウンターでお菓子とコーヒーをサッと飲んで、サッと立ち去る。
そんな感じ。立ち食い客が多くてビックリします。







日本人の私のイメージとしては
「カフェ」=ゆっくり休憩するところ
といった感じでしたが、ポルトガルではどうやら違うらしい。
おもしろいね~。文化だね~。
甘ーいお菓子が人々の生活にしっかり根付いてるね~。






もちろんゆっくりお茶してる人もいるし、
町歩きの休憩所としてバッチリ。
毎日の甘ーいお菓子と苦ーいエスプレッソが定番になった。



エスプレッソってすごく苦いし、
ちっちゃいカップにちょーっとしか入ってない。
わざわざカフェで頼まないなぁ~と低評価してた自分が恥ずかしいっす。
エスプレッソ、最強っす!!!
私にとっては甘いお菓子あってこそですけど。




中国によくあるエッグタルトの原形である「Pastel de Nata」、
なんだか懐かしい味の「カスタード入り揚げパン」
この2種類がお気に入り。






ポルトガルはとにかくどこにでもカフェがある。
本当にカフェ大国。


ちょっと休憩にお茶するもよし。
夜はお酒を飲むもよし。
しっかりゴハンを食べるもよし。



なんともオールマイティ飲食店なのです。
こういうカフェのスタイル、なかなか日本には根付かないんだろうな~。




■ブログランキング参加中■
応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。